FC2ブログ

Samsung GearVR レポート(後編)

店長スガハラです。

前回のGEAR VRレポートの後編をお伝えしたいと思います。
間が空いてしまったため、どないしよか…という気持ちが少しあったのですが、
先日発表された新たなオールインワン型VRゲーミングシステム「Oculus Quest」に
刺激を受け、Oculus系VRデバイスの動向をしっかりフォローしていかねばならない…!
という謎の使命感を抱いた次第であります。くそっお金が足りない…orz

GearVR


さてSamsung GearVRでありますが、前回は価格と、特長に少々触れさせていただきました。
その続きです。


■タッチパッドとBluetoothリモコンが使用できる
他のスマホ用簡易VRゴーグルの多くは、単体では操作ができません。
つまり、装着した後は動画の一時停止やゲームの中断などができないということです。
汎用Bluetoothリモコンもありますが、スマホ機種との相性問題があるのか、
操作性が十分でない場合が多々あります。

一方GearVRは、本体右側面にタッチパッドと音量ボタンが装備されています。
これだけでも有用なコントローラですが、さらに標準付属品のBluetoothリモコン
(GearVR第2世代のみ)が他とは一線を画しています。

gearvr-controller


Galaxyスマホシリーズ専用だけあり、操作性は完璧。
またジャイロセンサ―を有しており、ポインティングデバイスとして機能します。
メニュー画面ではストレスなくポインタを移動でき、またガンシューティングゲーム
などにおいては、照準を定めるのに使用できます。これは圧倒的な差と言えましょう。


■最大のメリット!Oculusアプリで広がるVRコンテンツ
通常、スマホでVRを楽しむにあたっては、Youtube,DMM.comなどのVR動画、Apple iAppアプリ、
Google Playアプリを利用しますが、このGearVRはOculusとの共同開発のため、Oculusアプリを
利用することができます。Oculus Go(2)と同じプラットフォーム上にいると言えるでしょう。

「Gear VR」シリーズは、対応のGalaxyスマートフォンでアプリをダウンロードした後、
「Gear VR」に装着してVR体験を楽しみます。
アプリは「Oculus Store」からダウンロードすることができます。ゲームだけでなく、
スポーツやエンタメ、バラエティー・コンセプトなど様々なジャンルのコンテンツが用意されています。
日本語対応アプリの数がまだ少ないのが残念ですが、今後に期待です。

oculus-menu

おすすめゲームその1「RUSH」※有料
ムササビみたいな格好で、超スピードで滑空する世界一危険なスポーツ
「ウィングスーツ・フライング」を体感できるゲーム。
VRのメリットを最大限感じられ、またGearVRの精緻なジャイロセンサ―も活かされた
グッジョブなアプリです。
(画像)oculus-rush


おすすめゲームその2「Dead and Buried」※無料
西部劇のような世界観にゾンビワールドをミックスしたガンシューティングゲーム。
荒れ果てた酒場の中で、カウボーイゾンビの集団が押し寄せてくるので、片っ端から撃ち倒していきます。
Bluetoothコントローラの操作性が抜群!!
oculus-DeadandBuried

■まとめ Oculusプラットフォームを使えるGearVRはコスパが高い
ここまでハードウェア面、ソフトウェア面でのメリットをお伝えしてきましたが、
やはりVRのポイントは「コンテンツ」にあります。
GearVRはただ優れたハードというだけでは語れない。Oculusアプリが走る!
(英語ばっかりだけど)潤沢なアプリが揃ってる!!
正直、未だにAppStoreやGooglePlay上だけでは魅力的なVRタイトルが乏しいというのが実感です。
そこから一歩抜きん出ているGearVRやOculus Goはその性能以上に価値があると言えましょう。
今からでも遅くありません。対応のSamsungスマホをお持ちの方は買いです!!

--------------------------------------------
さてオークションの方は…
9月末で送料無料フェアが終了となりました。
たくさんのご利用ありがとうございました!(特に遠方の方)

10月以降のフェアについてはまたストア上にて…乞うご期待ください!

スガハラ

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示