2018年03月の記事 (1/1)

VR Park TOKYO(渋谷)レポート

店長スガハラです。
2月も終わり、気候も春の兆しが見えてまいりましたがいかがおすごしでしょうか。

さて先日、私はVRアミューズメント施設「VR Park TOKYO」に1時間ほど寄る機会があったので、VR好きマンとして今回そちらを軽くレポートしたいと思います^^


以前もスマホ装着型のVRゴーグルを紹介させていただきましたが私はVRが大好きです。ただ、財政的な問題でPSVRは未購入、ましてPC用高級VRゴーグルなどはPCごと買い替えなきゃいけないので当面ムリ…

とはいえ、基本的にスマホVRと本格VRの違いは、主に解像度と視野角だろうと思っていたので、あまり過度の期待をせずVR
Park Tokyoに足を運んだのですが、いい意味で予想を裏切られ、大いに楽しめました(*´Д`)


■ゲーセンの最上階にある規模なのに本格的なアトラクション
今回行ったVR Park Tokyoは渋谷アドアーズの最上階にあります。さほど広くない敷地内に、10アトラクションが凝縮されています。ホラー、スポーツ、アクションRPG、ドライブシミュレータ、フィットネス、着せ替え…。どれも、ゴーグルとコントローラを装着するだけではない、専用筐体中心のアトラクションになっています。
vrtokyo1
▲店舗によってアトラクションが異なる


■VRゴーグル「HTC VIVE」の高い没入度
スマホ装着型のVRゴーグルとの決定的な差は、視野角の差以上にポジショントラッキング(位置検出)にあると感じました。ヘッドセットとハンドコントローラは、設置されたセンサーから位置を検出され、自分が動いたとおりに仮想空間内でうごくことができます。前後左右に動く、しゃがむ…。その没入度たるや、スマホVRゴーグルとは比較になりません。こいつぁ現実逃避が捗るね

■誰かと一緒に行くのがおすすめ
今回行ったVR Park
Tokyo渋谷では、1~2人用のアトラクションがほとんどでした。2人同時に遊べる「ソロモン・カーペット」は、魔法のじゅうたんに乗り冒険するゲームですが、2人お互いの姿が見えるのが楽しいw また「Circle of Saviors」では剣を駆使してアクションRPG風に雑魚敵、ボス的を倒すアクションゲームで、これは2人同時にはできませんが、相方がゴーグル姿で踊っている姿(自分も)を見るのはこれまた楽しいものです。録画をおすすめします(笑)
vrtokyo2
▲バンジージャンプ風のアトラクションが楽しい。リアルバンジージャンプは嫌です


■110分遊び放題の料金体系
気になる利用料金は、110分遊び放題で平日2,900円、週末3,300円。学割、Line割がそれぞれ-200円。1回チケット1,000円。映画の上映よろしく遊び放題のスタート~終了時刻が決まっているため注意が必要です。途中入場するとその分時間が短くなりますが私が行った際は、その分割引してくれました。
さらに入場特典として、フリードリンクサービスとアドアーズゲーム無料クーポンがついてきます。トータルで考えるとなかなか割安感があります。

■結論 3D酔いする方以外はおすすめ
こういった本格VRは内容にもよりますが、3D酔いになりやすいようです。3D酔い体質の方にはあまりおすすめできませんが、そうではない方、何よりVR未経験の方にはぜひ足を運んでいただきたい施設です。
それと、私は今回遊べなかったのですが、現役プロレーサー古賀琢麻氏が監修したというドライブシミュレータT3Rはレースゲーム好きの方にはぜひお試しいただきたい!私も次回行った時は必ず乗りますっ(;゚∀゚)=3ハァハァ
vrtokyo3
▲調べてみると想像以上に本格的な仕様。乗りたかった…


みなさん!事前の予約がおすすめですよ!!


--------------------------------------

さてアイティリンク・コレクションの方ですが…
3月に入り、決算大処分価格にて出品を行っております。
月内の在庫一掃を掲げ、既存在庫の価格値引きや、低価格スタートにて多数出品中!お見逃しなく!



青汁3ヶ月生活の効果が見られずションボリの
店長スガハラ
スポンサーサイト